興信所を知らない人に持たれやすい、イメージとは?興信所についてわかりやすく解説していきます。


興信所の費用について

興信所の費用でお困りの方は多いのでは?
興信所の費用は、浮気調査に100万円、素行調査に50万円など、かなり高額な費用を支払うことになります。
興信所の費用を見て、依頼を出すのをためらってしまう人もいると思います。

この興信所の費用ですが、調査の条件次第では、安くすることが出来ることをご存知でしょうか。

調査の内容は、依頼をする人それぞれで違います。調査に1ヶ月以上の時間がかかる人もいれば、ごく短期間の調査で結果がわかる人もいます。

興信所の費用は、こうした調査の内容や条件によって、費用が高くなったり、安くなったりします。

費用のことで悩んでいるなら、まずは、興信所にどのように調査をしてもらうか、調査の条件を絞ってみて、実際に興信所へ費用の見積もりを出してもらうといいでしょう。

しかし、興信所に費用の見積もりを出してもらうにも、また、興信所の調査や調査条件を絞るにも、まずは興信所のことを知らなくては、何をどうすればいいのか考えつかないと思います。

興信所の費用を知るということは、興信所のことをもっとよく知る必要があるということです。興信所の費用で悩む方は、まずは、興信所についてもっと調べてみましょう。


興信所のイメージと仕事

「興信所って何か怖い気がする。」「悪徳業者がいるらしい。」

扱っている仕事が「調査」という性質上、いい噂というのはあまり広がらず、人の目を引いてしまうような事件や一部の悪い噂やニュースだけが表に出てしまう事が多い興信所などの調査業。本物の興信所を知らなければ「怖いもの、怖いところ」と思われても仕方がないのかもしれません。
しかし実際のところ、興信所というものは依頼に対し誠実に調査を行い、依頼者の相談に親身になって対応してくれるところがほとんどであり、うまく調査を使うことで、抱えていた問題や悩みを解決できるかもしれない、そんな選択肢を生むところなのです。
興信所の扱っている調査は、普段の生活に密着した問題の解決のために使われることが多く、知っていれば突発的に起こった問題にもすぐに対処することができます。
一番多い依頼は浮気調査ですが、行動調査はもちろん、人探しや最近防犯対策にも使われる盗聴器発見調査、ネット上で出会った相手とのトラブルなどにも対応できる調査など様々な方面の調査が行えるようです。
扱っている所と、そうでないところがありますが、いじめの問題にも興信所の調査が役立つ場合があるようです。また、警察への相談が一番と言われているストーカー問題。警察には多くの相談があり、どの程度なら性急に動いたほうがいいのか、被害者からの話だけでは、なかなか本当のところがつかみにくいようです。そんな時、事前に調査で実態をつかんでおくことで、円滑に警察が動ける事があると考えられます。
ストーカーのニュースになるような大きな事件が起こったことで、警察への届け出件数や認知件数は全ての年代において、かなり増加しているといわれています。しかし警察の対応できる人員が現在少なすぎるのではないか?と問題視されるようになってきています。
対応窓口の人員が少なければ、わかりやすい判断材料が必要。そう考えると、興信所に事前に実態を調査しておいてもらう事は有効といえるでしょう。

まずは興信所の調査を知ること、依頼先を選ぶポイントなど、このサイトではわかりやすく簡潔に解説しています。
興信所に持っているイメージを少し変えてみませんか。

 


興信所に依頼できる調査とは

興信所では、調査で出来ることと、出来ないことがあります。興信所は、依頼者の依頼に対して、何でも調査をしてくれると思っている人もいますが、これは間違いです。

興信所は、調査を行いますが、この調査は法律に違反しない範囲で、調査を行います。

法律に違反しない範囲とは、例えば、調査を行うため、勝手に調査対象者の家の敷地内に探偵が入ったとします。
この場合、調査のためとはいえ、勝手に他人の家の敷地内に侵入したわけですから、刑法でいうところの住居侵入に該当します。

このように、興信所は調査をおこなう上で、法令や条例に違反する行為で、調査を行うことはできません。これは探偵業法で、民間の調査機関として探偵に認められている権利とはまったく別のものです。

そのため、違法な行為と知っておきながら、違法な調査を興信所が行うことはできません。

どのような行為が違法な調査に該当するのかは、実際に興信所へ問い合わせをして確認をする必要があります。また、自分でも違法行為についてあらかじめ調べておけば、その調査が違法であるかないか知ることができるはずです。

興信所に調査を依頼するとき、調査料金や結果だけに目がいってしまいがちですが、探偵が違法な調査を行っていないか、調査を依頼する人が、探偵の調査方法について確認と監督をして、間違っても違法な調査を行う興信所に依頼しないようにする必要があります。

調査を依頼する前に、必ず探偵に調査方法について確認を取るようにしましょう。